東京医科歯科大学臨床試験管理センター 生物統計学・データサイエンス部大学院医歯学総合研究科 臨床統計学分野

研究分野

生物統計学と臨床研究

新規治療法の効果は人を対象とした医学系研究により評価します。医学系研究には観察研究や介入研究などいくつかの種類がありますが、いずれの研究においても得られたデータから治療効果を適切に定量化することが重要です。そのためには、研究に適した試験デザインと統計手法を選択しなければなりません。もしこれらの選択を誤ると、治療効果を過大・過小評価してしまい、結果的に誤った意思決定をしてしまう可能性があります。生物統計学は、治療効果を適切かつ効率的に評価するための試験デザインや統計解析法を研究する学問であり、Evidence-based MedicineやPersonalized Medicineの確立に不可欠なものとなっています。当部では、先進的試験デザイン・統計解析法の研究開発を行うと共に、医師主導治験・特定臨床研究等の様々な臨床研究にも参画しています。

医療・健康データサイエンス

ウェルネス産業の発展に伴い、健康食品や生活習慣の改善に寄与する製品・サービスを研究開発する企業等において、関心のある集団から収集した健康科学データを統計的に分析する機会が増加しています。現在はソフトウェア環境が充実していることから、多変量解析や機械学習などの応用手法を比較的容易に適用できるようになりました。しかしながら、これらの統計解析の目的・意義やその限界を正しく理解していなければ、解析結果を適切に解釈することはできません。当部では、国が支援する研究プロジェクトをとおして、民間企業と共に医療・健康分野におけるデータサイエンスの実践に取り組んでいます。